MaterialistiC*

タグ:M9-P ( 38 ) タグの人気記事

the shadows #02

c0215036_17542380.jpg

LEICA M9-P + SUMMILUX35mmF1.4ASPH.(FLE)
by summilux55 | 2015-05-14 23:30 | tokyo | Comments(6)

the shadows #01

c0215036_21511460.jpg

LEICA M9-P + NOCTILUX50mmF1.2
by summilux55 | 2015-05-10 22:00 | tokyo | Comments(6)

141005.

c0215036_23105836.jpg

LEICA M9-P + SUMMILUX35mm F1.4 ASPHERICAL
by summilux55 | 2014-10-05 23:55 | Photo | Comments(4)

140429 _ P _20(M)

c0215036_22442449.jpg

LEICA M9-P + SUMMILUX35mm F1.4 ASPHERICAL
at Paris.

" hill top "


冬のパリ。
雲ばかりでメリハリのない光の連続。
写真を撮るには一般的には冴えないかもしれないけれど、ライカの場合はこれくらいの光だと尚更その場の空気を写し込んでいくからちょうどよい。
個人的には、ギラギラと晴れ渡るほどに写欲は低下する。
by summilux55 | 2014-04-29 15:00 | p2014 | Comments(4)

140123 _ P _ 05(C)

c0215036_0205072.jpg


More
by summilux55 | 2014-01-23 23:00 | p2014 | Comments(4)

140117_ P _ 04(C)

c0215036_2232412.jpg


More
by summilux55 | 2014-01-17 23:45 | p2014 | Comments(10)

140112 _ P _ 02(C)

c0215036_19242281.jpg

LEICA M9-P + SUMMILUX35mm F1.4 ASPHERICAL
at Paris.

" part of facade "


35mmで気になった光景を切り取る。
こういうの、ふと思えば最近減っていた。意図的に増やしてみた今回の旅。
by summilux55 | 2014-01-12 02:22 | p2014 | Comments(2)

131113 _ b _ 15

c0215036_14513555.jpg

LEICA M9-P + NOCTILUX50mmF1.0(E60)
at bali.


" in a euphoric mood "

もう寒くなってきたのでバリの写真はこの辺でおしまい。
最後の組み合わせははM9-PとノクチF1.0。重いノクチは旅先では面倒だけど、必ず持って行くかどうか迷ってしまう。今回はF1を選択。大口径の開放でこれだけピントが来るのだから、ライカレンズは本当に凄いと言わざるを得ない。
by summilux55 | 2013-11-13 00:00 | b2013 | Comments(8)

130111.

c0215036_2273745.jpg

M9-P + NOCTILUX50mmF0.95ASPH.
at tokyo.

カラーセンサーでモノクロを捕らえる。

小さな頃から好きな色は"白と黒"と答えていた僕は根っからのモノクロ気質なのでしょう。
大人になってから"灰"と"紺"が加わるも、紺なんて僕にとってはしっかりとした"色"という認識。
最近になってなぜか"緑"も好きな色に加わり急に原色が入ってくるとは自分でもよくわかりませんが、感性の変化なのでしょうか。しかも明るめの緑が好み。

ちなみに"緑"と言ったら何か古い人間と思われるとか。"グリーン"も別に新しい感じはしないですけれど。

どうでもいいですが前述の色は、白・黒・グレー・ネイビー・緑と呼ぶのが僕にとっては自然です。
統一感ありませんね。
by summilux55 | 2013-01-11 22:22 | tokyo | Comments(6)

120921.

c0215036_23205395.jpg

M9-P + NOCTILUX50mmF1.2
at tokyo.

"そんなに隅々までくっきり写さなくてもいいんじゃないかい?"
オールドレンズを使っていると、シャッターを切る前にそう諭されるような気がします。
いい意味でどこか遊びがある描写というか、一寸の隙も許さないような高画素・高解像度戦争時代において、ある意味やすらぎの場所にすら感じることができて、使っていて何とも心地が良いのです。

夜、さらにガラス越しの開放撮影。
それでもワイヤー表面のざらつきが伝わってくれば、昔のレンズも充分に存在意義があるというものです。まあ、個人的な感覚にすぎないのですけれどね。
by summilux55 | 2012-09-21 00:00 | tokyo | Comments(6)