MaterialistiC*

<   2013年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

130226.

c0215036_23423647.jpg

LEICA M MONOCHROM + APO-SUMMICRON-M 50mm/f2 ASPH.
f2 ISO320.

開放、最短、ベース感度。
水平微調整のみ。

面白い写真ではないですが、ポットの質感と前後のボケ味からこのレンズの特徴を垣間見る事ができるのではないでしょうか。

透き通るヌケ感はNOCTILUX 0.95を超える印象。硝材の違いでしょうか。ピントの立ち上がりの秀逸さと相まって被写体の存在感が増します。
派手さはないですがボケ味は本当に美しく、現行ライカレンズの"キレイなのにボケ味がつまらない"という傾向(まあこの感覚は一種の不幸な病気)とは一線を画すボケ感。

写り自体は前にも言ったように、全体にしっとりと湿度があるんですね。これが良いんです。この辺は現行ライカレンズの傾向に沿っています。

撮影条件でまた変わるでしょうから、これから少しずつ見ていきたいところです。

レビュー的なのは好きではありませんが、ちょっとだけ言わせてもらいました。
実にいい加減な内容ですが。失礼しました。
by summilux55 | 2013-02-26 00:00 | tokyo | Comments(10)

130222.

c0215036_21221971.jpg

LEICA M MONOCHROM + APO-SUMMICRON-M 50mm/f2 ASPH.
f2 ISO3200.

LEICAみずから製造が難しいと言う最新技術が投入された設計のこのレンズ、それだけ聞くと所謂何でも写すようなパキパキな写りをする印象を持つかもしれませんが、実はそうではありません。

狙ったところは確実に描き、隅の細かい文字まで中央付近と同じように描写しつつも、全体の画としてはライカらしくしっとりとした湿度と優しい空気感をも併せ持つ印象。

これでISO3200。(LMMは個人的にはISO6400までは実用域)
ISO320ベースで撮るとさらに湿度が増しよく写りますが、それはまた今後あげてみようと思います。
 
by summilux55 | 2013-02-22 22:22 | tokyo | Comments(10)

130221.

c0215036_2305676.jpg

LEICA M MONOCHROM + APO-SUMMICRON-M 50mm/f2 ASPH.
f2 ISO1250.

アポズミクロン50mm.

まだほとんど撮れていないのでわかりません。
もちろん良い印象ですが、これから少しずつ。
ちょっと撮ってみて、 "ああこのレンズはずっと使っていくんだろうな" と直感。
コンパクトなので取り回しもいいですしね。ノクチと違って小さなMボディが活きるサイズです。

そしてサヨナラしたレンズ達にはこれまで付き合ってもらった感謝を、、。
by summilux55 | 2013-02-21 23:23 | tokyo | Comments(2)

130217.

c0215036_21121475.jpg

LEICA M MONOCHROM + SUMMILUX75mmF1.4
f1.4 ISO320.

コチラでも指摘されているようにMモノクロームと最新レンズ以外のレンズとのマッチングは難しい側面を孕んでいるようですが、1983年製のこのレンズは個人的にはいい感じです。

古いレンズとは必ず合わないというよりも、最新ライカレンズとMMが叩き出す画が相当キレ味があるのでどうしても比較してしまうのも心理的に影響するのかもしれませんね。
by summilux55 | 2013-02-17 21:21 | tokyo | Comments(4)

130210.

c0215036_17285165.jpg

LEICA M MONOCHROM + SUMMILUX75mmF1.4
at tokyo.


75mm.
好きなのになかなかしっくり来るところまで行かず、すぐに慣れた50mmに戻ってしまう、個人的にはそんな画角。

そしてSIGMA DP3 merrill.
手ぶれ補正もなく、高感度も弱く、ただでさえ撮影条件を厳しく制限されるDP merrillに実質75mmとはさらに尖ったモノを出してきたな、、と思っていましたが、コチラの作例を見ていたらどんどん引き込まれてしまいました。他を寄せ付けない凄まじい解像度がもたらす描写はDP1/2 merrillで証明済みなので、撮る楽しみと現像する楽しみは間違いないでしょう。作例はもちろん撮っている方が素晴らしいので同じようにはできないでしょうが、しかし挑戦してみたくなりますね、これは。

DP merrillは被写体とじっくり向かい合い、そしてじっくり撮るというスタイルを要するカメラなので、被写体を見つめる75mmという画角は、もしかしたらこのカメラの気質と合っているような気がします。写真というより作品という言葉が近いような、そんな画が作れそう。使いこなす自信はなくとも使ってみたいですね、、。
by summilux55 | 2013-02-10 02:10 | tokyo | Comments(6)

130201.

c0215036_23214735.jpg

M MONOCHOROM + NOCTILUX50mmF0.95ASPH.

ISO320.
MMを手にした最初の日のショット。
想像以上に楽しくて遠回りして帰宅した雨上がりの夜。
by summilux55 | 2013-02-01 00:00 | tokyo | Comments(4)