MaterialistiC*

<   2012年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

120928.

c0215036_21173089.jpg

LEICA M MONOCHROM + NOCTILUX50mmF0.95ASPH.
at tokyo.

理屈云々よりも、背面液晶に出る白黒画像を見た瞬間に自分の脳内スイッチがモノクロモードに切り替わるその事実が、このカメラの道具としての素晴らしさを物語っていると思います。

色がないから色褪せない。
家族の思い出の写真も素敵に残せる、昨日素敵な親子を撮らせてもらいながらMMが出してくる美しい雰囲気に心からそう思いました。そういった写真はupできないですけれど、、。
by summilux55 | 2012-09-28 23:52 | tokyo | Comments(4)

120925.

c0215036_22425350.jpg

LEICA M MONOCHROM + NOCTILUX50mmF0.95ASPH.
at tokyo.
flickr/explore

まだまったく使いこなせていないというか、このカメラの事をわかっていないというか、、、。完全にカメラに振り回されている感が強い現状。まだ光しか感じていないセンサーの事を理解して撮影に反映できていないのでしょう。まあ腕の問題でしょうから、ちょっと出直してきます、、、、という気分。

しかし撮っていてこんなに楽しく感じるのは、これが難しいカメラだからこそかもしれません。
何にせよこれは長い付き合いになりそうです。
by summilux55 | 2012-09-25 23:34 | tokyo | Comments(14)

120924.

c0215036_23475259.jpg

LEICA M MONOCHROM + NOCTILUX50mmF0.95ASPH.
at tokyo.

東京は好きですが、派手で下品なネオンや看板が嫌いで都内での撮影に躊躇することもしばしば。しかしモノクロなら色は気にせず撮れるのでいいかもしれない、なんて思いました。もっとも海外からの人にはこのカオスな光景が彼らにとっての"東京"なんでしょうけれど、、。
by summilux55 | 2012-09-24 23:59 | tokyo | Comments(2)

120923.

c0215036_23421475.jpg

LEICA M MONOCHROM + NOCTILUX50mmF1.2
at tokyo.

雨上がりの夜、ほぼ闇の街で。
ノイズを期待してISO6400で撮影。
by summilux55 | 2012-09-23 23:53 | tokyo | Comments(2)

120921.

c0215036_23205395.jpg

M9-P + NOCTILUX50mmF1.2
at tokyo.

"そんなに隅々までくっきり写さなくてもいいんじゃないかい?"
オールドレンズを使っていると、シャッターを切る前にそう諭されるような気がします。
いい意味でどこか遊びがある描写というか、一寸の隙も許さないような高画素・高解像度戦争時代において、ある意味やすらぎの場所にすら感じることができて、使っていて何とも心地が良いのです。

夜、さらにガラス越しの開放撮影。
それでもワイヤー表面のざらつきが伝わってくれば、昔のレンズも充分に存在意義があるというものです。まあ、個人的な感覚にすぎないのですけれどね。
by summilux55 | 2012-09-21 00:00 | tokyo | Comments(6)

120919.

c0215036_21384719.jpg

M9-P + NOCTILUX50mmF1.2
at tokyo.

現行とは対極にある優しい描写。
かといってピントが犠牲になることもなく、狙ったところの線もしっかり描いてくれます。
アンダー目がしっくりくるレンズかもしれません。

あ、ライカM...
by summilux55 | 2012-09-19 21:47 | tokyo | Comments(10)

120918.

c0215036_2322437.jpg

M9-P + NOCTILUX50mmF1.2
at tokyo.

雨上がりは絶好の撮影チャンス。
晴れ渡った日中もいいですが、湿度を含んでいる空気の方がライカの艶のある描写がしっくりくるように感じます。


最近アクセス数が増えています。
いつも見てくださっている方、コメントをくださる方がいると思うと励みになりますね。
自分の中ではブログという位置づけというより、ギャラリー的なイメージが強いのであまり面白い内容にはならないと思います。ただ、軽めに現像はしていますが、こういうレンズでこういった写りになるんだ、というような情報は提供したいので機材名は明記しています。機材を入手する際の参考にちょっとでもなれば幸いです。

これからもよろしくお願いします。
by summilux55 | 2012-09-18 00:01 | tokyo | Comments(4)

120916.

c0215036_2336261.jpg

M9-P + NOCTILUX50mmF1.2
at tokyo.

黒薔薇。

マイナスネジ時代のライカレンズは鏡胴もフードも造りが精巧で、最新技術こそ投入されていないものの所謂モノ作りの魂のようなものが目と手の感触から伝わってくる。カメラもレンズも写真を撮る"道具"である以上、使い手の心に干渉し、多少なりとも撮る写真に影響を及ぼす。自分にとって素晴らしい道具に出会えると、少しだけピリッとした気持ちで写真を撮ることができる、かもしれません。
by summilux55 | 2012-09-16 00:43 | tokyo | Comments(6)

120915.

c0215036_22425798.jpg

M9-P + summilux75mmF1.4(2nd)
at tokyo.

夏祭り。

最近見直しているのがこのレンズ。
驚くほどにフォーカス部の立ち上がりがよく、それを球面ならではの柔らかい描写が全体を包み込む。適度なコントラストと美しいボケが、現代レンズにはない味わい深さを醸し出してくれます。ボディとの相性も良いのでしょうが、キレもいいため心地良く写真が撮れる気がします。

日本ならではの風景、いいですね。
 
by summilux55 | 2012-09-15 00:01 | tokyo | Comments(2)

120914.

c0215036_12411626.jpg

M9-P + NOCTILUX50mmF0.95ASPH.
at tokyo.

夏の日差しに照らされるカメラ目線のハリセンボン達。
子供の頃、このオブジェになんか憧れてました。なんででしょう、、。

夏の終わり、はまだ先のようですね。
by summilux55 | 2012-09-14 00:20 | tokyo | Comments(4)