MaterialistiC*

under the bridge of Wetzlar

c0215036_22545043.jpg

Leica M(Typ240)


今回のWetzlar、最低気温はマイナス8℃。
風はないが空気そのものにキレのある寒さ。
手袋は必須。露出した耳は痛い。
こんな外気に長時間触れ続けていても、ライカMとMモノクロームは元気に動いてくれた。
誤作動もバッテリー異常も起こさない。
まあここで作っているのだから動かない訳はないが、少し嬉しい。

M10が発表された翌日からライツパークではM10が買う事ができたが、
その強烈な誘惑を絶たせたのは、他でもないM240。
使い込んで真鍮が見え思い出も染み込んだ愛機。
そんなMを手に夜明け前からWetzlarの街を歩いた。
M10はもちろん良いけれど、M240も良いなと改めて思ったWetzlar旧市街の橋の下。
by summilux55 | 2017-02-04 00:01 | GERMANY | Comments(6)
Commented by Desire at 2017-02-06 23:11 x
そう書かれると下取りに出すのが…
といっても諦めてだします(笑)
私にとってはM9がそれに相当するので
M9だけは売りません
しかし美しい一枚です
Commented by summilux55 at 2017-02-06 23:52
Desireさん
コメントありがとうございます。
そういう僕も悩んでいる訳ですが、諦めも肝心ですね(笑)

M10は間違いなく長く付き合えると思います。
M9の代わりはないので、もう手放さないのが正解ですね。
Commented by swingphoto at 2017-02-11 12:11
先日は、どうも
最後までいれなくてすいません。
M、擦り剥けた愛着あるカメラになりました。
でもいっちゃいました、、、高感度の魅力につられて
Commented by summilux55 at 2017-02-11 23:07
swingphotoさん
コメントありがとうございます。
こちらこそ驚かせてすみませんでした。
M10は行ってしまいますよね。
発表段階でこれだけ評判の良いライカ新製品もめずらしいかもしれませんね。
Commented by minton at 2017-02-17 10:35 x
swingphotoさんもsummilux55さんも真鍮が出るほどに使い込まれているんですね。
僕はまるで新品のようです。
修行が違うと痛感します。
撮影することもですが、いい写真とは何かという原点に戻り、人に見てもらえる写真を撮影したいと思う今日この頃です。
Commented by summilux55 at 2017-02-18 12:50
mintonさん
コメントありがとうございます。
Typ240はいつの間にか使い込んでいた印象で、
手にした当初の違和感から考えると自分でも不思議に思います。
"いい写真" とは何か、定義もなく見る人によって異なるので難しいですね。
でもそれがまた楽しいので、楽しみながら撮り続ける事がまずは大事なんだと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード